ため息〜口元を緩めて〜

子どもの頃、ため息は幸せが逃げると叱られたことがあるのは、私だけではないはず。

声に出して言えない事があると、胸や喉の付近に何か溜まってきたような感じになって自然にため息が出てしまう。深呼吸のごとく、「はぁ〜」と口から息を吐き出すと不思議なくらい胸がスッキリ✨

ため息(深呼吸だけどね)を聞くのは、パートナーとしてはあまり気分がよろしくないようで、時と場所を選ばないとね、と思ってますが。良いとか悪いとかじゃなくて、身体が欲しているんだよね。ヨガを始めてからは良く分かる。

なので、ヨガのクラスでも積極的にため息ついて貰っています。ちなみにあくびもOKよ👍

「ヨガって、鼻から吸って鼻から吐くんでしょ?」とか、

「声を出すのが恥ずかしい」とか、

「『はぁ〜』じゃなくて『ふぅ〜』でも良いですか?」とか、

「はぁ〜」に対する抵抗感がある生徒さんは少なくないです(^-^;

私も初めはそうでした。その時に質問した先生は「だって、口から吐いた方が力が抜けてリラックスするでしょ?」と、あっさり答えてくれた。

例えば、温泉に浸かった時に自然に口から吐き出さない?

え?  オジサンみたい?

心地良くて、心と身体が緩んだら「はぁ〜」って出ちゃうよね。

あるSNSで、ヨガのクラスでため息ついてと言われたのがすごく嫌だったというのを見かけました。伝え方が合わなかったのか、その場の雰囲気はわからないけど、口元をゆったりと開いていく呼吸法は顎や唇に残っている緊張をほぐして長く吐くことができると言われています。

長〜く息を吐いたら、次の吸う息は自然に深くなるし、深い呼吸は副交感神経優位になるので、ヨガのクラスのガイドではよくあること。

生徒さん自身が嫌なことはしない、という選択肢ももちろんあります。

誰に遠慮なく出来るため息をヨガのクラスで試す価値はあるんじゃないかな。その効果を感じてみてほしいと思います。

 

関連記事

PAGE TOP