山のポーズ《ターダアサナ》

「これ、ヨガのポーズなんですか?」

つい口に出してしまった、あなたに向けて書きますよ😆

ターダアサナ(サマスティティ) 

ターダとは「山」、サマとは「直立」「まっすぐ」「不動」を意味する。スティティとは「不動の姿勢」「堅固」を意味する。したがって、ターダアサナは、しっかりと山のように立つポーズである。これが立ちポーズの基本となる。

ーB・K・S・アイアンガー「ハタヨガの真髄」より抜粋ー

アイアンガー先生の「ハタヨガの真髄」の中でアーサナの一番最初に出てくる基本中の基本のポーズです。

「ハタヨガの真髄」を改めて読み直したところ、アーサナの〈方法〉は恐れながら私が習って来た方法とは少し異なる部分がありましたので、ここでは抜粋して紹介しません。足の幅、意識するポイントなど、流派やスクール、指導者によってバリエーションがあるのかもしれません。

イメージは、

足裏でしっかりとマットを踏みしめ土台を安定させて、上半身は上に伸びて余分な力みが無く理想的な姿勢で立ち、ゆったりと呼吸をします。

「〇〇筋を使う」と一部の筋肉を意識するより、足裏に意識を向けたり、呼吸に意識を向けて真っ直ぐ立つ感覚を味わう方が私は好きですが、どう思われますか?

クラスの先生のガイドに従って、正しい立ち方ををしているカラダの細部まで意識を向けて観察してみてくださいね。

山のポーズの最後に、側にいた先生から肩を押されてグラついた経験…

私にはあります。

山になりきれてなかったのバレちゃったー😅

 

 

 

関連記事

PAGE TOP