米国ヨガアライアンス、アップグレード!

E-RYT®︎200:ヨガ指導者として必要最低限の知識、スキルを身につけるコースを200時間学び、1,000時間ティーチングした先生

YACEP®︎:ヨガアライアンスから認定を受けているRYT指導者のための継続教育を、講座やワークショップ、コースなどで提供できる先生のこと

ヨガアライアンスとは?

日本国内で活動するインストラクターにとっては、ヨガアライアンスに登録するメリットはほとんどない現状。卒業後は「RYT200修了インストラクター」として、未登録で活動されている人がほとんどではないでしょうか。今のところ日本ではそれが黙認されています。

それに、ヨガアライアンスに登録していなくても素晴らしい先生はたくさんいらっしゃいます。(ここだけの話、むしろアンチRYTの声もありますよ)

私も未登録のまま活動を始めました。登録のきっかけは、ヨガスタジオでのクラス開始にあたって登録を推奨されたからですが、「E-RYT」のアップグレードには1,000時間のティーチングが必要です。

この1,000時間は、私にとってはとてもとても大切なもの。インストラクターとして初めてレッスンした時からこれまでコツコツと積み上げてきた時間です。

あたり前のことですが、レッスンは私ひとりでは成り立ちません。

教える場があり、来てくださる生徒さんがいるからレッスンができます。真摯にヨガを学び続けても、クラス運営を継続することが簡単なことではなかったです😢

生徒さんから教えられることも多く、感謝の気持ちを込めて、積み上げてきた1,000時間を可視化したいと思いました🏅✨

RYT200修了後も、リストラティブヨガやメンタルヘルスケアのためのヨガ、ヨガニドラなど、自分の専門性を高めるための学びは、養成講座、WS合わせて200時間は重ねて来たと思いますが、RYT更新のためには3年間で30時間以上の継続教育を受けなければなりません。(継続教育を提供できる先生の登録もしましたが、こちらはしばらく熟成中)

ヨガは果てしのない旅。

練習すること、

学び続けること、

伝え続けること、

これからも精進して参ります。どうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP