眠れない夜 呼吸編

以前の記事で書いたように、眠れない原因は色々あると思います。

睡眠を完璧にコントロールすることが出来たらノーベル賞ものですよね。

ストレスで交感神経が優位になっている状態の時におすすめのヨガの呼吸法について、もう少し詳しく書こうと思います。

普段の生活では無意識に呼吸をしているのに、ヨガのクラスで深い呼吸をしてと言われて、「呼吸が難しい」「ヨガの呼吸法が分からない」と思ってしまう方は少なくないみたい。

そうねぇ…、

目に見えない呼吸を、

それぞれの感覚が集まっているグループレッスンで、

適切にガイドすること。

私の未熟さ故でもありますが、とっても難しいです😅

特に、深い呼吸が出来ていないと感じる方に、自宅で自分のペースで呼吸の練習をする方法を紹介します。

レッスンでも時々行なっている呼吸法で、寝る前におススメです。自律神経を整える効果があります♡

だんだんと吐く息をながくしていく、ゆっくりとした呼吸です。この呼吸はベッドの上で仰向けになって行って練習してみましょう。

この時、お腹を出そうとか凹まそうとか思わずに、自然に身体が動くのを観察するつもりで行ってみてね。

鼻呼吸で、息を吸うとき4つ数え、吐くとき4つ数えます。それを2回繰り返します。

今度は吸うとき4つ、吐くとき6つ数えます。また2回繰り返した後、吐くときの数を8つくらいまで、耐えられるようなら10か12まで増やしていきます。

ただし、心地良い長さと感じる迄にします。なぜなら無理に続けることで今度は交感神経が活発になってしまうからです。心地よい呼吸の範囲内で、出来るだけ長く吐けるレベルをみつけ、その長さで好きなだけ続けましょう。

ーメディカルヨガより抜粋して引用

眠れない時にお勧めのポーズは有りますか?という質問を受ける時がありますが、ゆっくりとした呼吸を試してみてね。

 

 

関連記事

PAGE TOP